看護専門学校と看護大学の違いは?

健康上の問題を抱えやすい高齢者人口が増加するに伴い、このところ次第に医療機関を利用する人口が増加しています。ということは、看護師に関してもさらに多く必要とされていますが、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。しかし、人材が不足している、ということはつまり、そんな状況を打開しようと、求人募集が増えますので、看護師は引く手数多で、働き先をある程度選ぶことができるというメリットも確かにある訳です。「看護師」という書き方と、「看護士」という書き方があります。双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。

漢字で表現した場合、どちらでも書くことができます。少し前までだと、「看護士」が男性、女性に対して使う時は看護婦、という様に区別がしっかりついていました。法律が変更された2001年を境に、男女分け隔てなく使用できる「看護師」を使うことでまとめられることになったわけです。いつ看護スタッフが別の仕事先に動けばよいのかですが、夏と冬のボーナスの後に人が動きやすいため、年間でいうと1、6月頃に絞るのが得策です。看護職員の価値は市場では依然高いのですが、雇用の条件に恵まれたところを見落とさないように、次の勤め先に移るまで3ヶ月程の期間を設けて、腰を据えてリサーチした方がリスクは少ないです。

1日でも早く別な勤務先に行きたいといった状態でないなら、募集案件が多数紹介される頃まで静観することを推奨します。結婚のタイミングで転職してしまう看護師も非常に多くいます。配偶者とうまくいかなくなって離婚を選択するよりは、転職を選択した方がいいでしょう。今後、育児を行っていく気があるのなら結婚の際に、時間に融通の利く仕事に転職するのが楽ですね。イライラしがちだと子どもができづらくなってしまうので、要注意です。看護師になるための手段として、よく知られている、学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。

学習内容にそう変わりはありませんが違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した看護師の方が有利で、専門卒の場合と比較すると、ちょっと高い給料がもらえます。その一方で、専門学校のいいところは何かというと、大学より安い学費で学べて、実習が多いので、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということです。病棟に勤める看護師は、夜間も常に患者のケアにあたるため夜勤を避けられない職業の一つです。具体的な時間帯ですが、2交代制と3交代制のそれぞれの勤務形態で異なります。普通、2交代勤務では夜勤の労働時間も長時間です。

対する3交代勤務の夜勤では時間的に過密なスケジュールが組まれてしまうケースも珍しくありません。応募する病院がどちらの交代勤務で動いているのかを理解しておいてください。少子高齢化の影響は様々な所に波及しており、医療関係者も、より必要性が高まると考えられています。それ故、今でさえ足りていない看護師ですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。毎年多くの人が看護師資格に合格しているはずなのに、変わらず看護師の数が不十分だといわれるのはどうしてなのかといえば変わらない職場環境や待遇に不満を持ち退職する人が多いということも原因として挙げられます。

法律において、看護師というものは医師の診療を補助する役割と定められています。看護師が医療行為を行うということは、今のところ認められていないのですが、医師の指導の下であれば認められている医療行為もいくつか存在します。ただ、患者さんの状態によって、切迫した状態では、経験を積んでいる看護師に限り、医療行為も少しぐらいは認められる必要もあるのではないかと考えます。世間的に、看護師は収入面で安定している仕事だと認識されておりもし、ローンを組もうとすることがあったとしても、往々にして、簡単に審査に通りがちです。

とは言え、非常勤勤務である場合等、非正規雇用の場合の看護師だとそう簡単にはいかないかもしれません。ローンを組むことが容易なのは非常勤でなく、正職員として働いているような安定した勤務形態で働いている看護師について言えることなので、非常勤で働いている看護師に関しては、ローンの面では不利と言えるかもしれません。看護師は大変な仕事というイメージがすっかり定着していますが、忙しさのあまりに看護師の寿命は特別に短い、といった事実はなさそうです。けれども、夜勤のある交代制で勤務しますから、疲れが取れなかったり、寝不足になったり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。なお、看護師という職についていると、医療にずっと関わり続けて多少の知識も身に付き、患者の身体の状態が、ある程度わかることもでてきますし、そのうち、自身の身体や健康のことなども今の状態を把握しやすくなるようです。

看護師の転職