志望動機は中途採用時のポイント

新卒の大学生や高校生を採用する時とは違って、中途採用の場合は、社会人としての経験値が求められています。経験者であるからこそ、採用する側の会社としては、その人の出来ることに対して強い関心が向けられていることが多いようです。そのため、志望動機をまとめる時には、自分を雇用した時にはどういうことができるかを明記することが自己PRになります。

採用担当者に評価してもらうためには、自己PRを志望動機などの中に織り込んでおくといいでしょう。志望動機に記述されている貢献できる項目が理に適っていれば、会社の即戦力として期待することが可能です。

自分がアピールしている部分が、会社の仕事内容を知った上で行っていることを伝えることができれば、採用されやすくなります。中途採用者が面接を受ける時には、前職をやめた事情についてよく聞かれるものです。

退職理由については、前の会社や職場の批判的な内容であっては、評価を下げてしまう可能性があるので注意が必要です。

自分の技術を磨きたいからや、自分の可能性を試したいといった前向きな理由が望ましいでしょう。前の仕事をやめた理由と、この会社に入りたいと思っている動機とは、リンクしている可能性が高いことも理由の一つです。

退職した理由がスキルアップがしたいからだとすると、志望動機の一つにはそのスキルアップに関することが書かれていなければなりません。新しく就きたい仕事と、前の仕事を辞めた理由とは、常に繋がっているとは限りませんのが、齟齬が起きないようにしてください。