新しい職場で後悔しないために

給料が増えない、人間関係に嫌気がさしたなどの理由で転職を決断する人も多いと思います。

総務省の「労働力調査」によれば、2015年に「勤め先や事業の都合」といった理由ではなく「自発的な離職」にふみきった人は89万人が計上されています。はたしてその89万人の方々は現状に満足しているのでしょうか?

大手転職サイトのアンケート調査によると、転職した方の転職先の定着度はとても低い数字が出ています。なぜ、転職した方はまた転職を繰り返すのでしょうか?理由として挙げられていたのが「収入(給与)の不満」「サービス残業」などが多く寄せられました。

また、「職務内容が合わない」「職場の雰囲気が合わない」などもあがっています。それを見ると前職からの繰り返しではないか?とか、むしろ企業側よりその人の問題ではないか?といった気がしなくもないところです。しかし、転職時の面接と話が違うことや実際とのギャップがあるのは事実だと思います。

そんなことにならないように入念な準備をして転職に臨まなくてはいけないと思います。アパレル転職参考サイト