キャリアと仕事(保育士の人間関係で辞めたいと思う前に)

どんな関係がキャリアと仕事にはあるのでしょうか。

スキルという言葉が最近良く使われる言葉にはあります。
(保育士でも最近ではかなりスキルやスキルアップという言葉使われるようになっています)
※2017年以降

キャリアアップ、スキルアップ等、仕事に関してもよく使われる言葉でもあります。

個人の適正、能力などを指す言葉であるキャリアとは、個人と仕事が関連する場合にいちばん多く使われる言葉です。
保育士では、子ども好きだけでその仕事をやっていけると思われがちですが、決してそんな事はありません!

日本は現在不況が長引いている影響で、失業率はいぜんとして高い傾向にあるようです。
2017年以降、保育士の失業率は依然として高い状況です!

キャリアアップ、資格の取得、スキルアップに注力し、少しでも就職活動や転職活動を有利にしたいという傾向が強まっているようです。

学歴が仕事をする上でいちばん重要だった一昔前の時代とは異なります。

多くの企業は実力のある人材、能力の高い人材、即戦力になる人材を求めているのです。
それは保育士でも変わりありません。そして、保育士が人間関係で辞めたいという退職(転職)理由もほとんど変わっていないのが現状です。

国家資格や国家公務員の試験をパスした者を表す言葉として使用される場合も、キャリアと言えばあります。

使用されているのは、キャリア組やノンキャリアといった表現だそうです。

相当な格差が一般的にキャリア組は給与面でノンキャリア組と比較すると生じると考えられているようですが、実際はどうなのでしょうか。

キャリア組はノンキャリア組と、給与に対しては一概には言えませんが、昇進については早い段階から分けられるといいます。

高級官僚のポストにはキャリア組が独占しているのは事実のようです。

キャリアを持つ者が仕事上有利な時代であることは間違いないようで、どちらのキャリアにしても、能力の高い人材が求められているのです。

保育士ではキャリアやノンキャリアという区別はありませんが、新人・中堅・ベテランの区別は当然あります。

保育士@人間関係が嫌で辞めたい!【保育士の人間関係の闇】

上記のようなサイトでは、保育士(保育園)の実態がよく分かります。
今日はここまで・・・