看護師の転職での失敗から学ぶ

看護師の転職で失敗してしまうというケースがあります。人手不足の業界だからこそ転職に有利になるとお考えの看護師さん少なくないように思います。

そこで看護師が転職に失敗する原因について紹介しています。

1.看護師が転職後にすぐに辞めてしまう?

看護師は転職する回数は比較的に多いほうかと思います。

 

その理由は、多くの看護師さんは女性でありライフステージに合わせた職場へ転職するということが大きいと思います。

 

しかし、中には、転職をしたものの転職先が気にいらないために、すぐに辞めてしまった。というケースがあります。

 

なぜこのようなことになってしまってたのでしょう。看護師の転職で、人間関係の悩みだったり、職場が嫌になってしまう・・・。

 

このような悩みを解決するための転職の場合には、転職をしても次の職場で働き出して、違った悩みがでてしまいます。

 

今抱えている悩みのために、転職するという目的では、頑張る理由がないため、少し辛いこと、キツイことがあると辞めてしまうことになります。

 

せっかく転職をするのですから、本当に自分は、何をしたいのか、自分は、どうなりたいのか、目標や将来のビジョンを持つことが大切になります。

 

病院も最初は、いいことを一生懸命に、伝えてきます。そのため入職後、少し話が違うということは、現実的にあります。

 

しかし、頑張る理由があれば、多少のことは、我慢できることになります。自分はどうなりたいか、何をやりたいかを考えて見ましょう。

 

 

2.自分だけで転職活動を行なって失敗するケース

ハローワークを利用して、転職したけれど、大失敗という看護師がたまに、いますが、これは、公開求人だけで、探すて失敗するというケースです。

 

公開求人は、長く掲載されている求人や、よく目にする求人には、仕事がハードだったり、職場の人間関係などが良くないなどがあり看護師がすぐに辞めてしまうということがあります。

 

公開求人からも良い求人は、あると思いますが、反対に、人が辞めてしまうため、求人が多く、長く掲載されているのです。

 

⇒ 公開求人情報と、非公開求人情報を集めことがポイントです。

 

非公開求人は、看護師求人サイトで得ることができます。多くの看護師求人サイトがありますので、看護師求人比較サイトより自分の合いそうなサイトを利用しましょう。

 

さらに看護師求人サイトの担当者なら病院の事情なども知っていますので、担当者に相談しながらが転職活動をすることがおすすめです。

 

⇒ 看護師求人サイトの担当者に相談にのってもらうことがポイントです。