看護師のやりがいと転職

看護師の職場は、多様化してきています。卒業してから数年は、知識を臨床で生かせるようになるまで、頑張ります。

希望の配置につけた人もいるでしょうが、学生の時に、思っていた印象と現実のギャップに疑問を持つ人もいると思います。

看護師の仕事を辞めてしまう方も

一時期、燃え尽き症候群なるものも流行りました。辞めてしまう人も少なくはなかったのではないでしょうか。

 

 

隠れ看護師と言われる人が、看護師の仕事に絶望したまま、看護師を復帰しないのは、大変惜しい事と思われます。夜勤に疲れ果てた人もいたでしょう。

 

 

結婚して、妊娠、出産、育児で時間が取れないまま、知識や技術に不安を抱き、復帰の覚悟ができない人もいるかもしれません。

 

 

看護師としての働き方も考えてみることも一つ

自分の希望、不安を考慮した求人を諦めてしまう必要はありません。今は時間帯を選べるものももたくさんあります。

 

 

知識や医学の発展に対して、勉強するセミナーも充実しています。働きたい意志があるならば、求人を覗いてみましょう。

 

 

また、違う分野で働いてみたいと転職を考えているのであれば、迷わず求人を見てみましょう。自分の希望にあった就職先がきっとあるはずです。

 

 

 

看護師の勤務形態も多様化

仕事形態も、常勤勤務、非常勤勤務、パート、単発のバイトなどあります。時間も、夜勤にしても二交代、三交代などあり、日勤だけのところもあります。土日休みの仕事もあります。

 

 

さらに、夜勤専従やwワークも可能な求人もあり、時間が欲しい、お金が欲しいなど、それほど出世を望まなければ、家庭を優先させることができたりします。

 

 

パートならば、時間帯や勤務日数の、相談に乗ってくれるところもあります。迷っているのならば、是非その一歩を踏み出してみてください。せっかくの資格です、やりがいのある仕事なのですから。