介護事務という仕事

あまり知名度は高くないですが、介護事務という仕事をしている人がいます。実は介護事務仕事は介護サービスする事業者の中でも大きな役割を果たしている仕事だといいます。具体的にはどのような仕事なのでしょうか。介護保険制度に基づいて介護サービスを提供する事業所では必ずサービス利用者本人から1割、残り9割を市町村に請求する仕事が発生します。介護報酬請求業務と呼ばれるものです。

介護事務は、市町村に請求する9割のための書類を作成するために、レセプトというサービスの詳細を一定の決まりに従って書くという仕事になります。介護事務の仕事では、介護施設に訪れた人にサービス内容や諸手続きについて説明をしたり、自己負担分の支払いを受けつけたりもいます。介護サービスを使っている人の代行として、要介護認定の手続きを市町村に対して行うこともあります。介護保険の受給資格を確認したり、利用者と市町村、業者の連絡にあたるケアマネージャーの業務をサポートする仕事もあります。他にも一般企業で行われているような一般事務も行います。介護事務には介護保険制度についての知識や各種介護サービスの知識と説明能力、レセプト作成の能力、パソコンスキルなどが求められます。介護に関する資格を持っていない人でも介護事務の仕事はできますが、前提知識として介護のことを知っていると役立ちます。介護事務の仕事をしてみたいという人は、通信教育で基礎的な知識が得られるということもあるようです。介護事務の仕事は、高齢化が進む日本では必要となる仕事といえることでしょう。このような仕事に東京で転職するには転職エージェントがお得です!転職エージェント 東京